ECHO MARK Ⅵ+ 26in トライアルバイク
5b343edaef843f313a000e76 5b343edaef843f313a000e76 5b343edaef843f313a000e76 5b343edaef843f313a000e76 5b343edaef843f313a000e76 5b343edaef843f313a000e76 5b343edaef843f313a000e76 5b343edaef843f313a000e76 5b343edaef843f313a000e76 5b343edaef843f313a000e76 5b343edaef843f313a000e76 5b343edaef843f313a000e76

ECHO MARK Ⅵ+ 26in トライアルバイク

残り1点

¥148,000 税込

送料についてはこちら

以前モデルMARK6から̟「MARK6 PLUS」にモデルチェンジされました。デザインやジオメトリはほとんど一緒ですが、チェーンテンショナーがイモネジ式からスプリング式に変更されました。スプリング式にした場合のメリットは常にチェーンのテンションが同じという事と、リアハブを決められた位置に固定出来るというメリットがあります。 イモネジ式にした場合はトラックエンドになりますので、ペダルを強く漕いだ場合や大きな力が加わった際、ハブがズレてチェーンのテンションが変わったり、ブレーキの当たり面もズレる場合があります。 ズレるということは漕いだ時に力も微妙に抜けてしまいますのでやはりリア位置は固定されたいですよね。 逆にスプリング式のデメリットは障害物や転倒によってテンショナーをぶつけてしまった場合、チェーンラインがズレて走行不可能になったり、駆動出来ない場合があります。 これはあくまでも万が一の場合ですので、壊れた場合はそのテンショナーだけを交換すれば復活できます。 ECHOが最も売れる理由はやはりコストパフォーマンスです。他のメーカーでこのスペックで作った場合まずこの価格帯はあり得ないと思います。 はじめてのトライアル挑戦にはもったいないと思われますが、ある程度の良いバイク(軽さ、ブレーキの利き、駆動の伝わり)を選んだ方が上達は早いですよ。 おすすめです。 ホイールベース:1,085mm チェーンステー:380mm (+5mm/-5mm) B.B.ハイト:+65mm ヘッドアングル:73.5° マニューバスペース:617mm (ヘッド上面からB.B.中心までの距離) ヘッドチューブ:112mm 1.5 テーパー  インテグラルIS B.B.:スパニッシュ / ECHO TR B.B.付属 リアエンド: 135mm / トラックエンド ECHO製チェーンテンショナー対応 リムブレーキ台座(HS):取り付けボルト幅:100mm 取り付けボルトサイズ:M6 重 量:1,638g (フレームのみ) 完成車重量: 9.00Kg ※注意事項 大変申し訳ありませんが、こちらの商品クレジットでのお支払いは受付けておりません。システム上、クレジット払いも出来るようになってますが、万が一クレジットでお支払い頂いた場合、こちらでキャンセルさせて頂きますので予めご了承ください。 送料は完成車のみ九州~関西一律3,000円(税別)中部~東北一律4,000円(税別)離島は別途計算させていただきます。 発送の際、多少の組立が必要になります。組立に自信がない方は到着後、自転車店やプロショップに依頼されるか、ご注文をお控え頂きますようお願い致します。